車中泊場所探すなら

Roadtrips

【北設楽郡】塩分濃度の高い天然療養泉とうえい温泉花まつりの湯

カテゴリ:日帰り温泉

登録日:2017年10月3日|最終更新日:2018月04月17日

【北設楽郡】塩分濃度の高い天然療養泉とうえい温泉花まつりの湯

愛知県奥三河地方の東栄町という集落にある日帰り温泉に行ってきました。
東栄町は静岡県、長野県に隣接する地域で、過疎化が進み限界集落と呼ばれる地域でもあります。

哀しい話はここまでにして、とうえい温泉花まつりの湯は立派な町営の温泉で、泉質が良く湯上りもホカホカの温泉でした。

東栄温泉
建物外観
入り口左手の像
入り口左手の像(お祭り関係でしょうか)

午前9時ごろ到着したのですが、入浴は10:00~受付とのことで駐車場で待機。
かなり大きな駐車場があり、もしかして車中泊も可能かなとも思いましたが、ホテルを併設しているので厳しいと思われます。
温泉の隣の飲食施設のお手洗いは駐車場から直接入れます。夜間は利用可能か不明です。

温泉の入り口を入って右手が食事処、左手が温泉と休憩室となっています。

入浴料は650円/大人、350円/子供でした。

温泉へと続く廊下
温泉へと続く廊下
のれん
のれん

洗い場にはシャンプーとボディソープがあり、数も十分ありました。
内湯と屋外に露天風呂があり、源泉そのままのお湯は露天の一部のみのようです。
基本的にはマンガンや鉄分を除去した白湯が湯船を満たしています。

すぐそばに大千瀬川という川が流れており、開放感のある情景を楽しめます。

露天の源泉が人気のようで、地元の方たちが朝一から入られており、私はタイミング悪く入ることはできませんでした。
お湯はうっすらと塩気があり、別名「整形外科の湯(ロッカーに貼ってありました。)」ともいわれるほど打ち身などに効果があるそうです。

湯上りもホカホカしており、どちらかというと寒い時期に入りたい温泉かなと思います。

1点だけ、残念なところは露天のツボ湯の脇に絆創膏のごみが落ちており、私が入ったのは朝一だったので恐らく前日のごみが清掃しきれずに残っていたように思います。

スタッフの方は非常に愛想もよかったので、また行きたい温泉ですが、清掃はきっちりされるとなお良いですね。

RoadTrips

Roadtripsが気に入ったら
いいねしよう!

最新の情報をお届けします!

HAVE A NICE ROAD TRIPS!

他の記事を読む

© RoadTrips
Web Services by Yahoo! JAPAN